冬の日焼け止めは必要?SPFは?

こんにちは😊mocaです。

冬になると、夏と違って太陽の日差しが弱くなりますね。
気温も低くなって、紫外線量も減るので日焼け止めは必要ないと思っている方も多いと思います。

ですがその油断がシミやしわ、乾燥を引き起こす原因となるので、冬でもしっかり日焼け対策を行いましょう。

冬でも日焼け対策をしよう!

冬であっても、基本の紫外線対策となるのはUVカット効果のある日焼け止めを塗ることです。
地球温暖化の影響で、オゾン層の破壊は常に続いています。
また、例え曇りであっても紫外線は地表まで降り注いでいます。
ですので日焼け止めクリームなどは、冬でも欠かせないUV対策なのですね。

SPF値は?

ただ、夏よりも紫外線量は少ないですから、SPF値が高いものを使う必要はありません。
SPFが高いということは、それだけ肌への負担が大きく肌の乾燥を招きます。
ですので、冬の日焼け対策にはSPFの低いものを選ぶのがいいとされています。
それよりも、冬は一年で一番乾燥しやすい季節なので、保湿成分が配合されている日焼け止めを選ぶのがポイントです。
保湿成分が入っていれば、基礎化粧品の保湿効果を底上げできるので、乾燥を防ぎながら紫外線をブロックする効果が得られます。

もともと乾燥肌の人は、日焼け止めを塗ると乾燥がひどくなる場合があります。
その場合は、SPFが書かれた化粧品や下地、BBクリームなどを使って対策を行うと良いでしょう。

ケアする場所は?

それから、塗る部位ですが、冬なら衣服で隠れている部分は付けなくても大丈夫です。
紫外線は線維も通過すると言われていますが、冬の紫外線はそこまで強くありません。
波長が長い紫外線であっても、厚手の素材や重ね着している状態では肌に到達しないので、服で覆われている部分が日焼けする心配はないでしょう。
ですが、露出している部分には確実に紫外線が届きますから、冬でも日焼け止めはしっかり塗ってくださいね。

雪焼け対策は?

特にウインタースポーツを楽しむ時は注意が必要です。
雪の照り返しは、アスファルトや砂が太陽を照り返すのと同じ強さを持っています。
雪焼けという言葉があるように雪の照り返しで日焼けするので、こまめに日焼け止めを塗り直しましょう。
環境や時間によっては、ウインタースポーツの時だけはSPF値の高い日焼け止めを使うのもいいです。

冬の日焼け対策は、暑さが和らぐ分なんとなく気を抜いてしまいがちですが、確実にその後のお肌に影響してきます。
出来てしまったシミを取るのは手間がかかりますので、今からしっかり日焼け対策を行い美肌を維持しましょうね。