泣くことの効果って?涙活の方法は?

こんにちは😊mocaです。

笑うと免疫力が上がるっていうのは聞いたことがありますよね。

でも最近では泣くことも健康に良いことが知られてきています。

医学的にも泣くことでストレス解消が期待できるという実験結果が出ているんです。

泣くことでどのような効果が得られるのか、今人気の涙活の方法と合わせてチェックしてみますね。

泣くことの効果

泣くことの効果は、ずばりストレスの解消です。

ストレスを感じると、体内には副腎皮質刺激ホルモンが分泌されますが、感動で流した涙の中にはこのホルモンが含まれていることが分かったのです。

つまり泣くことでストレスの元となるホルモンが排出されるってことですね。

泣くのは恥ずかしいこと、弱いことというイメージがありますが、そんなことはありません。

涙は体を浄化すると言いますが、泣くとストレスホルモンを排出できます。

ストレスは活性酸素も生みますから活性酸素を減らすとなれば、本当に体の中を綺麗にしてくれるのです。

涙活って?手軽にできる方法

泣くのが良いと言われても、大人になると涙を流すことは少なくなってしまいますね。

だからこそ注目されているのが涙活です。

涙活というのは、目の疲れや外部からの刺激で流す涙ではなく、感情が入った涙を流せるための活動です。

最近は、涙活イベントも開催されているので一度参加してみるといいかもしれません。

大勢で流す涙は、一体感や共感などの感情が生まれるので涙活の効果も高くなるそうですよ。

もし近くでこういったイベントがやっていない、という場合でも自宅で簡単にできる方法があります。

自分が感動する映画や本、聴くと感情が揺さぶられる音楽などで感情が入る涙を流します。

感情は感動でも喜びでも悲しみでも切なさでもいいのですが、できれば幸せな感情を持てるものがいいそうですよ。

涙活というと深夜に行うイメージがありますが、効果が高いのは夕方です。

1日外での活動が終わって、家に帰ったタイミングで行うとストレスを解消した効果が長続きします。

涙活は、自分の心に響く映画や本、音楽などで手軽にできるストレス解消法です。

なんだかイライラする、気分が落ち込むなど少しでもストレスサインを感じたら、涙活ですっきりと心を洗ってあげるといいかもしれません。